タイの酔い止め薬 | 船酔い・車酔いにジメンヒソリナート

/ドラマミン錠

タイへ旅行にくると、長距離バスに乗ったり船に乗ったりする機会があります。

乗り物に酔うとその後の行程にも影響するので、元気に旅行をするためにも絶対防止したいところ。

日本から酔い止めを持ってきていなければ、セブンイレブンや薬局でかなり簡単に買うことができますので、ちょっと強い薬ですが酔うよりマシと思って使ってみてください。

Dimenhydrinate/ジメンヒドリナート50mg

セブンイレブンのレジ横やレジ正面あたりの棚には薬系が色々おいてあります。

/ドラマミン錠

👆Dimin 50mg。2錠入り5バーツ。

/ドラマミン錠

👆中身はこんな感じ。

2錠では足りない。もっとたくさん欲しいという場合は、薬局で同じジメンヒドリナート50mgの薬が割安で買えます。

/ドラマミン錠

薬局の酔い止め。成分は同じ。

たしか10錠10バーツくらいとかなり安かったので、何回か飲む予定がある方は薬局で買った方がお得です。

Diminの成分・飲み方・注意事項

Diminの主成分:Dimenhydrinate 50mg(1粒あたり)

効能:車酔い・船酔い止め

飲み方:大人1回1錠 30分より前に服用する(子供についての記載ナシ)

注意事項

  • 眠気をもたらすことがあるので運転時に飲まない
  • アルコールの摂取を避ける

上記はセブンイレブンのパッケージ記載の内容から抜粋となります。

初めての方は要注意。かなり効きます。

この薬は酔い止めですが、個人的には睡眠薬としての効果を強く体感しています。

初めて飲んだ時はちょっと怖いくらい効いた(寝た)ので、単独で行動する方の場合はセキュリティ的に危険かもしれません。

ただぼこぼこの山道を6時間移動するような行程であれば寝ている方が幸せなので、シチュエーションによってはかなりありがたい薬です。

 

なぜか2度3度飲むうちにだんだんと効きが甘くなり、今ではたまーーに飲んでも浅い眠りくらいにしか寝なくなりました。

耐性が付くのでしょうか。

 

コメント