アカアマコーヒー | 北タイの人気ブランドコーヒー豆はお土産にもぴったり

チェンマイのコーヒーといえば、のアカアマカフェとコーヒー豆カフェ・パン

チェンマイがある北タイはコーヒー豆の栽培に力を入れている地域ということもあり

近郊の山で育った豆を使った挽きたてコーヒーを、日本では考えられない低価格で飲むことができます。

有名なコーヒーブランドは複数ありますが、その中でもストーリー性が強くファンが多い「アカアマコーヒー」はチェンマイに来たらぜひ立ち寄りたいカフェの1つです。

「アカアマ」とは、「アカ族のお母さん」という意味です。

アカアマコーヒー本店の場所

チェンマイのコーヒーといえば、のアカアマカフェとコーヒー豆

本店は2018年10月に改装を終え、以前よりも落ち着いた雰囲気になりました。

時間:8:00~18:00 定休日なし
HP:akhaama.com
FBページ

ただ、本店はローカルな地域にあるためアクセスが良いとは言えません。

観光時に立ち寄るのであれば、旧市街内のSPチキン・三人の王様像の近隣にある支店の方が立ち寄りやすいです。

>>>アカアマコーヒー支店(グーグルマップが開きます)

支店の営業時間は本店と同じ、8時~夕方6時までとなっています(2018年12月現在)。

Wi-Fi・エアコン席・オープン席あり

改装したことでレジカウンター回りが以前より広くなり、エアコンエリアがウッディな落ち着いた雰囲気になりました。

チェンマイのコーヒーといえば、のアカアマカフェとコーヒー豆

Wi-Fiパスワードはレジカウンターの上に書いてあります。

チェンマイのコーヒーといえば、のアカアマカフェとコーヒー豆

雨上がりに来店したら、テラスエリアはやけに床やイスが濡れていました。

道沿いの席は雨が吹き込みやすいのかもしれません。

ベーシックなメニューから、こだわりのコーヒーまで

エスプレッソやラテ、アメリカーノ、カプチーノといった基本的なコーヒーメニューはもちろんですが

  • リストレット
  • フラットホワイト
  • アイリッシュコーヒー
  • 豆を指定したドリップコーヒー

といった、ちょっと変わったメニューも並んでいます。

チェンマイのコーヒーといえば、のアカアマカフェとコーヒー豆

また、Black Juice(ブラックジュース)や Manee Mana(マニ―マーナ)などのアカアマカフェの独自メニューも美味しそうです。

どれにしようか悩むラインナップ。

フラットホワイト&カフェラテ

メニューが多いのでどれにしようか悩みますが、初めてフラットホワイトを頼んでみました。

チェンマイのコーヒーといえば、のアカアマカフェとコーヒー豆

Flat White 50バーツ

フラットホワイトとは、エスプレッソに泡立てたミルクを注いだオーストラリア・ニュージーランドで一般的なコーヒーだそうです。

苦みはかなりしっかりありますが、ミルキーで飲みやすいです。

50バーツ、200円足らずでこんなに美味しいコーヒーが飲めるので、チェンマイでは日本より高頻度でカフェに立ち寄ってしまいます。

チェンマイのコーヒーといえば、のアカアマカフェとコーヒー豆

cafe latte 60バーツ

ストローがリサイクルタイプ(ステンレス?)に変わっていました。

苦みが少なく、かなりまろやか。あっさりしていて暑い日にぴったりです。

ピッコロラテ

チェンマイアカアマコーヒーのピッコロラテ

Piccolo Latte 50バーツ

👆こちらはピッコロラテなる飲み物。通常のカップよりもサイズが2まわりくらい小さいです。

こちらも何か知らずに頼んだのですが、フラットホワイトと同じくオーストラリアではよくあるメニューらしく、全体量が小さいのにエスプレッソの量は通常と同じだそうです。

ということで味はかなり濃かったです。

泡の部分がすごく酸味が強くて、好き嫌いが分かれそうだと思いました。個人的には普通のラテやフラットホワイトの方が好き。

カフェ シェケラート

チェンマイアカアマコーヒーのシャケラト

cafe Shakerato 60バーツ

👆こちらも初めて注文しました。ワイングラス風なのがオシャレ。

シェケラートはイタリアで有名なエスプレッソの飲み方の1つだそうで、その名の通りシェーカーで振って作るようです。

オーダー時に砂糖少な目で作ってもらったので甘さと苦みがちょうど良く、泡だけでも美味しいしコーヒー部分もまろみがあって美味しい。

とても飲みやすいです。

軽食もあります

チェンマイのコーヒーといえば、のアカアマカフェとコーヒー豆

午後から来るとほとんど残ってない事の方が多いですが、マフィンやベーグルなどの軽食もあります。

👆のベーグルはクリームチーズとセットになっていて、そこそこ大きいのでお腹は膨れます。(ただパンの味そのものは日本の方が美味しい気もします)

>>>アカアマコーヒーの場所をもう一度みる

アカアマのコーヒー豆は店頭・通販で購入可能

可愛いパッケージのアカアマコーヒー豆は、レジカウンター前に並んでいます。リンピンスーパー(MAYA地下)なんかでも何種類か取り扱いがありますが、お値段が200バーツ~と少しだけ割高。

チェンマイのコーヒーといえば、のアカアマカフェとコーヒー豆

豆に価格がよって異なり、だいたい180~280バーツの間です。

チェンマイのコーヒーといえば、のアカアマカフェとコーヒー豆

👆の画像左上の人の横顔パッケージのコーヒー豆は、期間限定の豆だそうです。

チェンマイのコーヒーといえば、のアカアマカフェとコーヒー豆

👆それぞれの豆がカンターに飾られているので、粒の色合いなども確認できます。

チェンマイのコーヒーといえば、のアカアマカフェとコーヒー豆

👆ハチミツ。色が深くて美味しそう。

他にもコーヒーの花やハーブティーも売られています。

また、公式サイトからオンラインでの購入も可能です。日本への発送もできるようですが、送料は不明です。
>>>akhaamacoffee.com

アカアマコーヒー「FULL CITY」を買ってみました

チェンマイのコーヒーといえば、のアカアマカフェとコーヒー豆

アカアマの紙袋に入れてくれます。

パッケージも可愛いし家で飲んでみたくて、FULL CITYを購入。180バーツ。

お土産にもぴったりですね。

チェンマイのコーヒーといえば、のアカアマカフェとコーヒー豆

ロースト日は購入の4日前。新鮮。

👆ラベル裏には製法や味の簡単な説明が書かれています。

私はコーヒーの味には詳しくありませんが、ラベルによると

Nice Lime Citrus:シトラスの酸味
Good Body:程良いコク
Sweet Complex Floral:複雑な花の風味

こういったお味のコーヒーだそうです。

チェンマイのコーヒーといえば、のアカアマカフェとコーヒー豆

家で挽いてみました。手動でごりごり。

薄めのローストのような色合いで、香りからすでに酸味を感じます。

チェンマイのコーヒーといえば、のアカアマカフェとコーヒー豆

チョコレートのような優しい色。

色が薄いのでアメリカンのような味なのかな?と思ったら、意外にも苦みと酸味がはっきりした大人のコーヒー。

ブラックでもすっきり美味しく飲めますし、ほろ苦いのでミルクを足してもかなり美味しく飲めました。

「ポンラマイ」を買ってみました

アカアマコーヒーポンラマイ

フルシティが美味しかったので、次はポンラマイ(タイ語で“果物”の意味)を購入。店頭で180バーツでした。

ポンラマイのタグ裏に書かれている味の説明はこんな感じです。

sweet stone fruits :甘い核果(アプリコットやプラム系)
Citrusy boysenberry :酸味のあるボイセンベリー
Black tea like and ripe apricot finish :紅茶と熟したアプリコット

アカアマコーヒーポンラマイ

フルシティよりも豆の色が淡く感じます。

アカアマコーヒーポンラマイ

ごりごり挽いてみると、ミルクチョコレートのような色合い。香りは良いです。

事前に聞いていたこのポンラマイの評判はかなり良く、ものすごく期待していたのですが・・・ある意味、すごくノーマルなコーヒーでした。

酸味や苦みがかなり少なくあっさりして、ブラックでも飲みやすいです。

私は少しミルクを足すのが好きなので、フルシティの方がいいかな、という感想。

「SHITA」を買ってみました

チェンマイのアカアマコーヒー

こちらは定番ではない、オリジナルコーヒーだそうです。

SHITAという変わったネーミング。人の名前でしょうか。200バーツ。

タグ裏に記載のフレーバー表記は以下の通り。

Lemon
cucumber
Cinnamon
Hog Plum

きゅうりのフレーバーってどんなのでしょう。ネットで調べても出てきませんでした。

チェンマイのアカアマコーヒー

この豆は手動で挽くと、かなり軽く回ります。豆のよってかなり固さが違うものですね。

チェンマイのアカアマコーヒー

香りはなんとなくまるっとしたまろやかな感じ。

飲んだ感じも、酸味がほぼ無いかなりのまろやかさ。

と言えば聞こえはいいですが、苦みもほぼなく、今まで買った3つの中では一番「???」なお味でした。

飲みやすいといえばそうなの?かも・・・ストレートで飲む場合には悪くないかもしれません。

 

>>>アカアマコーヒーの場所をもう一度みる

 

コメント